ア)相互連携事業(ネットワーク事業)

【目的】

訪問看護ステーションと他の訪問看護ステーション、介護事業者所、医療機関等が相互に連携し、訪問看護サービス向上を図る

 

【事業の概要】

訪問看護ステーションと他の訪問看護ステーション、介護事業者所、医療機関等が相互に連携し、訪問看護サービスの向上を図るために必要な経費(上限60万円)の1/2を助成します。

 

【申請できる訪問看護ステーション】

本事業の目的を達成するための事業を実施予定の府内の訪問看護ステーション

本事業について過去申請交付受けた事業所は、申請はできません(1回限り)

 

【事業の例】

○訪問看護の推進のため地域の訪問看護ステーションと協働して、合同パンフレットを作成配付

○訪問看護連携ツールを活用し、複数の事業所間で相互連携し、訪問看護実践の連携強化を図る

○地域の病院等と連携し、在宅医療・訪問看護推進を目的とした連携研修を企画・実施  など

 

【補助される経費】

相互連携事業に必要な経費としては以下のとおりです。(一事業所あたり)

対象経費

基準額(上限)

補助率

交付額(上限)

備品購入費;ITシステム等の整備に要する経費等

30万円 ※

1/2

上限15万円 ※

施設整備費;施設の改修に要する費用

45万円 ※

1/3

人件費等;相互連携の企画及び運営経費

30万円

1/2

上限15万円

※ 備品購入費と施設整備費の間接補助金交付額は合計15万円までとする

 

【補助対象となる期間】  

平成30年4月1日~平成31年1月31日までの連携事業

 

【間接補助決定にかかる条件】 

大阪府訪問看護ステーション協会内に審査選定委員会を設置し、申請書類を審査します。

採択された事業所には、速やかに採択通知を交付いたします。

 

【申請書類】大阪府ホームページをご参照ください

 

大阪府ホームページ(実践研修事業)

    http://www.pref.osaka.lg.jp/hokeniryokikaku/houkan/network.html

※必ず、要綱を確認の上、申請をお願いいたします

 

 

【申請の受け付け】  

平成30年7月1日~平成31年1月7日(必着)

本事業の予定額を超えた時点で受付を早期終了します

 

【報告書の受付開始日、締切日】 

平成31年1月7日~平成31年2月28日(必着)

       (報告書は、上記期間内において順次受付いたします)

 

【交付決定・経費の交付について】

  大阪府訪問看護ステーション協会内の審査選定委員会で、報告書類を審査します。

  審査され、承認された事業者に順次交付決定通知を送付します。(1月~3月)

  交付金のお支払いは、3月~4月頃の予定です

 

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.