2024年度から完全義務化:業務継続計画(BCP)の策定等

掲載日:2024年1月18日

 

【義務付け内容】経過措置を経て法令上での完全義務化となります。

◎業務継続計画を策定し、計画に従って必要な措置を講じなければならない。

1.各事業所で感染症や非常災害の発生時を想定したBCPを策定

2.全従事者に周知

3.研修・訓練を定期的に実施

  ※研修は他のサービス事業所との連携で開催可

  ※感染症のBCPと感染症対策の研修は合同開催可 

根拠資料➡居宅基準省令第30条の2(業務継続計画の策定等)

 

 

【やるべきこと】準備が万全かチェックしてみましょう。 

□業務継続計画(BCP)の策定   □全従事者に周知

□定期的な研修及び訓練の実施(定期的:現時点では具体的な期間の提示なし)  

□定期的な見直し・変更     (定期的:現時点では具体的な期間の提示なし)

□運営規定への記載 ※規程項目の有無は、市町村にご確認下さい

 

 

【運営の為の参考資料】

BCP 策定の手引き 訪問看護編  厚生労働省医政局事業 

介護施設・事業所における業務継続計画(BCP)作成支援に関する研修 厚生労働省

BCP(業務継続計画)策定について  一般社団法人 全国訪問看護事業協会

〇当協会 会員ページ 『マニュアル等』『BCPを作成してみよう!』

 

 

【現場からの情報提供】会員事業所の皆様からの情報提供を掲載予定です。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.