ご挨拶

 

 昨年は、新型コロナウイルス感染症に緊張の連続であったと思います。利用者の健康と安全を守るという使命にむけ、サービスが途切れることがないよう多大な努力と工夫をもって邁進されている皆様の活動とご努力に心より敬意を表します。

 新型コロナウイルス感染症は人々の生活様式に大きな影響を与えました。事態の早期の収束と以前の生活への復帰を願うところですが、他方、現状を分析して、「広角的な視点」で、訪問看護事業を見直すことが必要であると思われます。 

 一つ目は、従前より災害対策を協会における事業の大きな柱として行ってきましたが、私たちは、その中にパンデミック対策を想定しておらずその際に発生するBCP(事業継続計画)策定がなされていませんでした。訪問看護事業は地域の重要な資源です。今回の事態は、各種の危機が到来しても事業が継続できるためのBCPの存在が不可欠であることを気づかせてくれました。

 2つ目は、フレイル対策です。高齢者では環境への順応が難しいため、制限された自粛生活は筋力低下やうつ状態などを惹起しやすいため、特化した支援が必要です。療養環境や状態をアセスメントし、その方に適した療養生活の提案と実践は訪問看護業務そのものです。感染予防を加味したアプローチは訪問看護師だからできる大切な役割です

 3つ目は、地域包括ケアシステムの中での私たちの役割です。医療機関や保健所はひっ迫したコロナ対応により、機能が低下ないしは停滞しています。この状況に対して、私たちが、これまで以上に地域に目を向け、起こり得る事態を見据えて地域活動を途切れることなく提供、継続して  いかなければなりまん。     

 

 訪問看護師は、その行動力と地域ネットワークにより、「できない」を「できる」に変えてきました。府内では、全国に先駆け、事業休止時に サービスが途絶えないよう複数の訪問看護ステーションで協力体制を構築(生野区)したり、市町村の行う介護、福祉事業者への感染予防教育への協力、濃厚接触者となられた要配慮者対応に取り組む訪問看護ステーション(堺市)があります。いずれも小規模事業所ですが、積み上げてきた地域ネットワークにより成し得ています。

 今後も、苦難の時期が続き、今まで以上に、スピードとパワー、バランスが必要となるかも 知れませんが、訪問看護で培われた実践力、育んできた 協働体制を、今、結集、発揮する時であり現場で働く皆様の活躍を期待するとともに、当会もネットワーク化をさらに推進してまいります。

当会では2021年、陽性者対応を行う訪問看護ステーションへ独自補助を開始。さらには会員施設にご協力をいただき府委託事業「訪問看護師による在宅療養者への健康観察」を府内にスタートしています。

 今後も、訪問看護ステーション協会は、地域の実情に即した質の高いサービスを安定的に提供できるよう支援してまいります。皆で力を合わせてこの事態を乗り越えていきましょう。

 引き続き、ご支援ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 2021年7月吉日

一般社団法人大阪府訪問看護ステーション協会  

             会長 立石 容子

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.