ご挨拶

  長濱あかし会長

一般社団法人大阪府訪問看護ステーション協会

会長 長濱あかし

 年頭のご挨拶の前に、1月1日に発生しました「能登半島地震」において犠牲になられた方々に
深く哀悼の意を表すとともに、被災された多くの皆さま方に対しお見舞いを申し上げます。
さらに今回の被災地支援を行われている医療・介護従事者の皆様に心より敬意を表します。

 

 あらためまして、新年あけましておめでとうございます。
 旧年中は当会の活動に多大なるご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

 今年度より、大阪府の補助事業として「人生会議支援実践人材育成研修事業」を、府内11ブロックの教育ステーションで実施しています。
「人生会議は死に方会議ではなく、どう生ききるかを考える会議」です。「病気や障がいがあっても住み慣れた自宅で生活し続けたい」、誰一人取り残されない地域づくりに向けて、皆様と一緒に事業に取り組んでまいります。

 

 さて、当会は今年、大阪府訪問看護ステーション連絡会として発足から30年、一般社団法人化から10年を迎えます。協会会員数も1,000事業所を越えました。大阪府は訪問看護事業所数が約1,900事業所、訪問看護師数も第7次医療計画の目標値を満たしました。「量」の次は「質」です。次年度からの第8次医療計画では、訪問看護の質が問われることになります。人材育成に向けた研修の充実、人材確保、適正な事業所運営に向け、看護協会、医師会とさらに連携強化し、会員事業所への支援を勧めます。

 

 会員の皆様のより一層のご理解とご協力をお願いいたします。

 干支の中で最も縁起がよいといわれる辰、皆様のご健康とご多幸、ご活躍を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.