大阪府訪問看護ステーション協会とは

― 大阪の訪問看護ステーションが元気に活躍し,在宅で療養される人たちへ

  安心できる訪問看護を届けること。 それが私たちの願いです ―

 

大阪府訪問看護ステーション協会は、訪問看護事業の健全な発展に寄与することを目的に,

設立した団体です 。現在,760ヵ所以上( 2019 年現在)の訪問看護事業所と関係団体が

会員となり,様々な事業に取り組んでいます。地域包括ケアシステムの担い手としての

訪問看護の機能強化、サービスの質向上にむけての支援及び、事業発展のための調査研究、

会員間の情報交換、関係機関との連携をすすめ、府民の保健医療福祉の向上に貢献できる

よう、ともに支え育ち合う組織として、さらなる発展をめざします。

 

<沿革>
  ◎1994 年「大阪府訪問看護ステーション連絡会」として設立
  ◎2006 年「大阪府訪問看護ステーション協議会」に組織名変更
  ◎2014 年  一般社団法人へ改組「大阪府訪問看護ステーション協会」に組織名変更

 

 定   款

 ブロックの活動及び運営に関する規定
 

組織体制

 

各種会議(会議録)

【本部会議】

理事会

〇3役会

業務執行理事会

運営委員会

〇教育ステーション会議

【委員会・部会】

〇学術委員会

〇広報委員会

〇小児訪問看護委員会

〇精神科訪問看護委員会

〇災害対策検討委員会

〇新卒訪問看護育成部会

〇適正化委員会

〇看護小規模多機能居宅介護交流会(部会)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.